2016.12.02 Friday

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • - | - | - | - |

2012.08.01 Wednesday 11:42

多肉の寄せ植え

 2階のmamimu'sさんにTシャツなど置いている
CHI-BEEさんのショップが7月30日に北名古屋市OPENするという事で、
ピロママから多肉の寄せ植えのオーダーを頂き作ってみました。

お客さんが数珠つなぎになりますように・・・と願を込めて
グリーンネックレスは入れてね・・・とピロママさんから言われただけで、
あとはまかせるよ・・・とアバウトなオーダーでしたが、
とってもいい感じにまとまりました。





錆缶にたくさんの多肉。
寄せ植えをしている最中、お客様からもかわいい〜とか言っていただき、
ちょっと自信がつきました(笑)

今回OPENされるCHE-BEEさんのイラストとってもキモかわいくておもしろいので、
ぜひチェックしてみてくださいね。

ちなみに私はおやじがポケットから顔を出しているカバンを持ってます(笑)
きもいです・・・かわいいです・・・笑えます・・・。
(mamimu'sさんにもおいてあります)

私も時間を見つけて伺いたいと思っています。

CHI-BEE SOTRE

北名古屋市六ツ師北屋敷2314
TEL0568-68-7005

HP http://www.chi-bee.net

2012.07.08 Sunday 15:58

イラガの退治方法

この2日間でイラガのご相談の方がちらほらいらっしゃったので、
手早く退治する方法をご紹介します。
 
もうすでにイラガが大発生してしまった状態なら、
蜂などの虫を退治する殺虫剤を使うとすぐに死んでしまうらしい・・・。
ただピンポイントにかけないといけないのでご注意ください
。霧状の噴射スプレーをかけるとイラガが舞ってしまうので、
逆に悲惨な事になるらしい・・・。

また実がついた物に殺虫剤を使用してしまった後は、
付いた実は食べない様にしてくださいね。
虫が死んでしまう物は人間にも良くないので・・・。
 
イラガを退治した後は植物にかける消毒スプレーをマメにかけて、
予防すると良いです。

実物の植物は野菜用の消毒を使う事をオススメします。
 
イラガが発生しやすい場所としては街頭が近くにある場所は、
注意した方がいいです。
街頭に蛾が集まってきて近くの木に卵を産むので、
イラガが発生する確率が高いです。
 
毎年大発生する前に退治をするのがベストです。

2012.05.01 Tuesday 16:49

リースの寄せ植え

 最近こんな物を作ってみました。



リースの寄せ植えです。

このリースとっても簡単で、
こんなベースの中にチョイスした植物をバランスよく植えていくだけ・・・。



植物をぎっしりいれて土も隙間なく入れていく事がコツです。
このリースも10ポットぐらい入れています。

でも一度植えてしまえば、
自然と植物同士が絡み合っていい感じなってくれるので、
飾りながら植物を育てられる面で私は好きなアイテムです。

このベースも2つ在庫がありますので、
挑戦してみたい方は見に来てくださいね。

そして今年初めてお花を咲かせてくれた『白雪姫』というクレマチス。



白くて大きなお花です。

何故かこの鳥かごの中に入れたら、
ぐんぐんツルが伸びて、急成長!!

以前ご紹介したかな??この鳥かご・・・。



結構おおきいけど、この中にツル系の植物を絡ませてディスプレイすると
きっとかっこいいかも・・・と思い連れてきました。

室内でもドライや錆系のアイテムを中に入れてディスプレイすると
ちょっとハードな感じになって素敵だとおもいます。

日々植物が成長してくれるこの季節は気持ちがいいですね・・・。

明日も『西安(シーアン)』というアジサイを仕入れに行く予定。
このシーアンはドライになる品種なので、
アジサイをドライにしたい方にはおススメです。
(入荷は明日の午後予定です)

2011.11.27 Sunday 16:19

早くも・・・

 ちょっと気持ち早いですが・・・

お正月を意識した寄せ植えを作ってみました。

お正月での寄せ植えと言えばハボタンを使いたくなりますが、
何となく嫌で・・・こんな感じにまとめました。



魚柳梅(ギョリュウバイ)とイタリアカサマツ、
ビックベリー、山苔で渋くまとめた寄せ植えです。

魚柳梅は和風な植物に見えますが、
原産地はオーストラリア、ニュージーランドです。
常緑なので冬でも寂しくならないのはうれしいですね。

本日は他にもこんな物を作ってみました。



底がメッシュになったステンレスの入れ物を使って、
小さな花壇の様な物を作ってみました。

手前に埋めてあるレンコンの様なレンガ・・・
以前施工で使った事をご紹介したれんがです。





穴にセダムと山苔を植えてみました・・・・



成長して、隙間を埋めてくれると
いい感じになるかな・・・。

他にも少々弱っている植物も救出するために、
植え替えを・・・・。

このミニ花壇をうまく見せれる様に検討中・・・。


2011.11.04 Friday 15:54

オリーブの実

LOOPのオリーブの木の実が、熟成しました☆!


わかりますか?
真ん中にぽつんとある、黒く葡萄の実の様な色カタチをしたもの…


近くで見てみると。

立派に
ちゃんとした『実』になりましたよ〜 ^^ わーい


基本的に、オリーブは自家結実性(自分の花粉で受粉して実をならせること)
のないものが多く、半径100メートル以内に違う品種のオリーブを二本植えないと、実付きしません。


・・・なのですが、【ルッカ】という品種のものは、
自家結実性があり、ひとりでに実がなることもしばしばあるそう。

LOOPのオリーブは、枝の広がり方からして、おそらくルッカだそうです。

ルッカの他に、よく出てくる他の種類のものを紹介しますね。


【マンザニロ】
スペイン原産で、ピクルスやオイルに使われる品種。
実付きはよいが自家結実性がない、
樹高は低めで、栽培しやすい。

【ネバディロ・ブランコ】
スペイン原産で、オイルに使用される品種
生育は早く、庭木・観賞用として市場に多く出回っている。
自家結実性はないが、ほかの品種の受粉樹として利用できる。
花粉の量が多い。

【ミッション】
アメリカから導入された、ピクルスやオイルに利用される品種
バランスの良い樹形から、庭木・観賞用としての需要が大きい。


マンザニロ→ルッカ→ネバディロ・ブランコ→ミッション

の順に、開花期を迎えるので
二本植える場合は開花期が近い品種を組み合わせることがポイントだそうです。


冬の間のお世話はどうしたらいいですか?
とよくお客様にも質問されるのですが、

実付きさせたい場合には、ある程度冬の寒さに当たらないといけません。

木が大きくなり、新芽が出てその翌年に花が咲き、花が散ると、実が付くのですが
新芽がでてから寒さに当たらないと、花芽がつかないのだそうです。

花芽がつかないということは、当然、花も咲かないし、実も付かない、ということ。


なので鉢植えでオリーブを育てている方も、実付きさせたければ
これからの季節、ベランダやお庭など、冬の寒さに十分あてるように管理してくださいね^^




koto.





2011.10.29 Saturday 17:21

自転車カゴに寄せ植え

 今日はちょっとおもしろい物に寄せ植えしてみました。

これ・・・・自転車のカゴです。



自転車のカゴと言ってもさびていて、
とってもいい感じ。

もう11月にもなるし、
ちょっとクリスマスを意識しながら植物をチョイス。



大好きなフランネルフラワーをメインに、
シルバーリーフをあわせ、
山苔も使ってみました。

写真ちょっと分かりずらいかな・・・。



植物はフランネルフラワー、コロキア、ヘデラ、ステビア、
エレモフィラニベラ、リトルスモーキー、山苔です。

11月頃から少しずつクリスマスオーナメントや
寄せ植えを作っていく予定です。

お楽しみに。



2011.09.30 Friday 17:10

植物紹介

先日、入荷しましたとお知らせした植物から、
今日は葉っぱの色や形に特徴のある植物を紹介しますね。


【ユーパトリウム チョコラータ】

茶褐色の葉と茎と、純白の小さなぽんぽんのようなふわふわした花の
コントラストが綺麗なチョコラータ。

冬越する強い子で、二年目くらいには高さも幅も100センチほどまで
成長するので、庭植えに適しています。


ブロンズリーフの【キャツラ ジュピター】

シックな色合いで落ち着いた雰囲気。
寄せ植えなどに使うととても上品に引き立ててくれそうです^^

真夏の直射日光に強い植物ですが、冬の寒さに弱いので
室内に入れてあげるといいそうです。


【アルテルナンテラ ポリゴノイデス】

こちらも赤紫色をした葉っぱで
葉と葉の間に見える、直径一センチほどの小さな白い花がかわいらしいです^^

耐寒性は弱いですが夏には丈夫で茎が這うようにめきめきと大きくなります。



最後にこちら、【アサギリソウ】

テディベアのぬいぐるみのように肌触りが柔らかく、気持ちがいいです^^

とても繊細そうに見えますが寒さにはとても強く、
株幅も50センチ以上に成長するそう。

ある程度大きくなると、小さな菊に似た花を咲かせるそうなので、
成長が楽しめる植物ですね^^




koto.










2011.08.20 Saturday 14:37

植物いろいろ入荷しました☆

以前から予告していました植物たちが、
昨日多数入荷しましたのでご紹介しますね。

【ユーカリ ポポラス】

こちらのユーカリ 葉っぱが丸いタイプのもので
よく見るとほんのりハート形。

ハートリーフユーカリとも呼ばれているそうです。

成長すると葉の形は長丸になりますが
そこまで成長すると花の蕾をつけたり、
もっと大きく育つと20mほどの大きさの木になるそう。

ユーカリの中では珍しい種類なので 
あまり手に入ることがなく、貴重なものです。

先ほど、早速ひとりお嫁に行きましたので
残り一つです。

気になる方はぜひ、お早目に・・・。


観葉植物もいくつか入荷しています。

【ストロビランテス・ゴッシピヌス】

緑色の葉に、クリーム色の毛が生えていて
シルバーリーフのような、優しい色合いが特徴。

真夏に、薄紫色の花が咲くそうです。

高さは1m前後になるそうですが
今の時点では50センチほど。

丈夫で、育てやすいそうですよ^^


【カシワバゴム・バンビーノ】

柏餅を包んでいる葉っぱに似ていることから、カシワバゴム
と言われているこの木。

もともと熱帯アフリカに生息する植物で、大きくなると
20mもの大きさに成長します。

バンビーノと呼ばれるこの種類は、希少なもので、
更にこの様に枝が曲がっているタイプのものは、なかなかないそうです。

現在の大きさ約65センチ。


【カラテア オルビフォリア】

丸に近い形の葉でくっきりと広がる模様が綺麗。
葉面はやや波打っています。

50センチほどの高さですが、葉っぱ一枚が大きくて
30センチほどの大きさになるので、葉の存在感が大、という感じ。



この他にも、人気のオリーブの木が入荷していましたが
本日オリーブも売れてしまったので、また入荷する予定です。

入荷しましたら、ご紹介しますね。



koto.




2011.07.22 Friday 14:46

いい気候

 今日は朝から気持ちがいい気候で、
このくらい過ごしやすいと植物を触ろう・・・という気になりますね。

・・・ということで前から気になっていた植物達の
救出も兼て植え替えをしました。

まずはアイビー。

6月頃にあじさいと一緒に大きな鉢に寄せ植えをしてあげたところ
クローバーに覆われかわいそうなことに・・・



埋まってます・・・。

さすが雑草…クローバーの繁殖力には驚きます。
植えたばかりの時のあのかわいさは微塵もありません。

この埋まっているアイビーを



ワイヤーバスケットに麻袋を切っていれ、
底石を入れ植え替えました。

風があたって気持ちよさそ〜。
扱いが変わればこんな優雅な雰囲気を出してくれます。

そして二つめはワイヤープランツ。

小さなポットのままで、
すぐに水切れしてしまって、
葉っぱがおちたり・・・
そろそろ植え替えてあげないと枯れる・・・。
と思っていたのでこちらも植え替え。



これもワイヤーのカゴに麻袋を切って入れ、
植え替えました。

ワイヤープランツの葉っぱが落ちてしまって・・・というお話は
よく聞きますが、今の時期だと水切れだと思います。

特にポットのままだとすぐにお水が乾いてしまうので、
葉っぱは落ちやすいのでご注意を・・・。

写真のワイヤープランツは3ポット分です。
これがなが〜く垂れ下がってくれるとかっこよくなっていいな・・・。

ワイヤープランツを入れたワイヤーのカゴは、
鉢を入れてディスプレイしたり実用的にも使えます。



実は私は家で調味料を入れています。
幅が意外とあるのでいままで収まりきらなかった
調味料が全部入ってスッキリしました。

ワイヤーカゴ便利〜。



2011.07.08 Friday 14:36

今年も・・・

今年もブルースターの種が出てきました。



オクラみたいでしょ・・・。
昨年初めて見たときはちょっとビックリ!!
何?コレ・・・。

なんかよくわからなかったのでそのまま放置しておいたら
パカっと割れて綿帽子が付いた種が散乱していたのを覚えています。

この種暑くなってきた頃にある日突然できている・・・ってイメージ。
そう思うと今年は種オクラが付くのが早い気が・・・。

気のせい??

今年もこの種を収穫してまた来年種まきしてみようかな・・・。

種まきしたブルースターは順調に成長していますよ。



葉っぱもブルースターらしいハート形に・・・。
8月頃にお配りできるかな?


<<new | 1 / 5pages | old>>
 
CALENDAR
SPONSORED LINKS
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.